DEOWカナダ留学センター

カナダ留学

DEOWのメリット 留学をお考えの方へ カウンセリング予約 無料見積もり 就職支援サービス

カナダ留学をお考えの方に、あなたにぴったりの留学を格安にてご提供いたします。

専属のカウンセラーがご質問にお答えします
フリーダイヤル0120-4192-09(ヨイクニオーク)
ホームに戻る
カナダの基礎知識
| カナダの概要 | 生活情報 | 住まい | お金について | 食べ物について | 
| 学生ビザについて  | ワーキングホリデービザについて |
 住まい
カナダでの滞在形式として、ホームステイ、アパート、ユースホステル、モーテル、バックパッカーズなどが挙げられます。ホームステイは、一般的にバンクーバー地域で1日2食又は3食付きで月C$800前後。ユースホステルやバックパッカーズは場所により料金はまちまちですが、1日(共同部屋で)C$20前後を目安として頂ければ宜しいでしょう。モーテルなどはキッチン付きの所もあり、大きなホテルよりも宿泊料金は安めで、オフシーズンには週ごとや月ごとの割引料金を取り扱う所もあるので、一人でホテルでご宿泊をご希望の方にはお薦めです。 しかし、ワーキングホリデーや留学目的で長期滞在となると、やはりアパート生活をする方が多くなります。
 探し方
1.居住希望地域を自分で歩いて探す。空室「Vacancy」のサインが出ているアパートに直接電話(ビルのマネージャーの電話番号が空室のサインと併記してある)で交渉するか、アポイントを取って後日マネージャーと会い、部屋を見せて貰いその後に契約を進める。

2.日系情報誌、掲示板、地元の新聞等で、シェアメイト/ルームメイト募集の欄で気に入った物件を探し、電話等で連絡を取り交渉を進める。
 家賃相場
カナダの相場は、都市部で600〜800ドル位。例えば、バンクーバー周辺は700ドルが平均です。田舎の方に行けば500ドル代の所もみつかります。また都市部でもベースメントなどの部屋貸しだと400〜500ドルでも見つかります。

バンクーバーの場合:
バチェラー$600〜
1ベッドルーム$700〜
2ベッドルーム$900〜
ベースメント $500〜

※都市部を離れるにつれアパートの家賃は安くなる傾向がありますが、ウィスラーやカルガリー、バンフなどの観光地は家賃が高くなります。
※西の大都市バンクーバーに並び家賃が高いとされているのが東の都トロント。トロントでは上記バンクーバー相場より若干値が上がることもあります。
 食事
基本的に平日2食(朝・夜)、土日3食(朝・昼・夜)が含まれます。朝は、シリアル、トースト等を自分で用意して食べるのが一般的です。食べられない物はしっかり伝え、量が多い(少ない)場合は、その旨伝えましょう。外食をする日、帰りが遅くなる日は、必ず前日までに伝えておきましょう。
 掃除
お金を払って滞在しているからといってお客様扱いされるのではないので、自分の部屋はもちろん、居間や台所も時には掃除する様にしましょう。家の方が掃除している時は、お手伝いをしたほうがいいでしょう。
 洗濯
これはホームステイ先により様々です。洗濯してくれる家もありますし、自分でするように言われる場合もあります。自分でやる場合自宅の洗濯機や乾燥機の使い方を教えてもらいましょう。洗剤はホストの物を使わせてもらいます。家庭に寄っては洗濯物を専用のカゴ等に入れておいて、ホストが洗濯して返してくれるというパターンもあります。ホストファミリーに聞いてみましょう。
 入浴
バスルームがホストと共用であれば、家族の多いホストだと夜の入浴時間帯は忙しいし、10分15分で終わらせてくれ等と時間的ルールを設けるケースもあります。家庭によっては入浴時間帯等のルールを設けているところもありますので初めにはっきり確認し、クリアにしておきましょう。
また学生用にトイレ付のシャワールームがある場合もあります。この場合は学生専用ですから気を使う事は少ないですが、そこには本当にシャワールームがあるだけですから風呂を楽しむという訳にもいきません。なお、石鹸位はホストが用意してくれると思いますが、シャンプーなど自分しか使わない消耗品は自分で用意しましょう。
 カギ
滞在期間が短い場合を除き、多くは自分のカギが渡されます。絶対に無くさないようにしましょう。最後に家を出るときは、窓、ドア、外のドアの戸締りを忘れずにするようにしましょう。自分のうちだと思って戸締りは大切に!
 電話
携帯電話を用意している場合はそのまま自分の分お使いになればいいでしょうが、ホームステイ先の家の電話を使うときには、家によっては電話代を請求されることもありますので、ご使用前には、ご家族に許可を頂き、支払いについても確認しましょう。
 インターネット
インターネット環境はホストにより異なります。ホストが使っているケーブルインターネット又はADSL等が使える場合があります。この場合さらに、自分のノートPCにつなげてくれる場合とホストのPCのみでネットが出来る場合などに分かれます。こうした場合通常ネットに関しお金を払う必要はありません。ただしこれは「滞在費に含まれている」では無く「ホストの善意で使わせてもらう」物ですから、あまり期待し過ぎてはいけません。もしホストがネットを使っていなければ自腹でダイヤルアップの契約等をする必要が出てきます。
 テレビ
ホストによって環境はまちまちですが、殆どの場合学生がテレビを見る環境があります。自分の部屋に専用のテレビがある場合もあるし、ホストと共有の場合もります。
 光熱費や備品
水道代、電気代などの光熱費は家賃に含まれています。生活上の消耗品(電球やトイレットペーパー等)も通常は滞在費に含まれている物ですから、きれたらホストにもらいましょう。その他バスタオルや手ぬぐい、布団、毛布などもホストが用意してくれます。ただし上で述べたようにシャンプーリンス等は自分で用意します。
 何か問題があったら
客観的に見てどうしてもおかしい!!と思うことがあったら、遠慮なく現地スタッフに相談に来てください。

ページのトップへ
初めての方へ ‖ 留学をお考えの方へ ‖ カウンセリング予約 ‖ お申し込み ‖ 会社情報

お問い合わせ ‖ サイトマップ ‖ リクルート ‖ リンク集 ‖ホームに戻る
Copyright (c) 2004-2011 DEOW all rights reserved