DEOWカナダ留学センター

カナダ留学

DEOWのメリット 留学をお考えの方へ カウンセリング予約 無料見積もり 就職支援サービス

カナダ留学をお考えの方に、あなたにぴったりの留学を格安にてご提供いたします。

専属のカウンセラーがご質問にお答えします
フリーダイヤル0120-4192-09(ヨイクニオーク)
ホームに戻る
ワーキングホリデー
ワーキングホリデイというシステム

普通なら、海外に長期滞在するには面倒な手続きが必要になります。
しかし、ワーキングホリデーなら、基本的な条件さえ満たせば簡単に申請できるようになっています。その理由は、ワーキングホリデーは、休暇を楽しみながら、異なる文化、生活、習慣などを体験することを通して、国際理解を深めることを目的とした若者のための特別な制度です。だからこそ、最長1年間滞在可能で、制限つきながら、滞在資金を補う目的で、付随的に仕事をすることも認められています。
それによって広い国際的視野をもった若者を育て、両国間の友好関係を高めるという、2国間の国際親善的な意義を持っています。対象も18〜30歳の若者に限定されていて、同一国に対して一生に一度しか利用できません。
そんな貴重な体験であるワーホリだからこそ、自分の可能性を試し、将来の道を見つけるきっかけにもなるすばらしい制度なのです。
日本とワーキングホリデイ

ワーキングホリデー制度は二国間の政府協定に基づいています。初めて日本がこの協定を結んだのは、オーストラリア政府との間で、1980年12月のこと。その後、ほかの国とも締結が進み、現在は、以下の7ヵ国で実施されています。
オーストラリア 1980年12月〜
ニュージーランド 1985年7月〜
カナダ 1986年3月〜
韓国 1999年4月〜
フランス 1999年12月〜
ドイツ 2000年12月〜
イギリス 2001年4月〜
カナダのワーキングホリデープログラム

制度開始 1986年3月
目的 日本とカナダの若者が、就労により滞在費や旅行資金を補いながら、互いに相手国を最長1年間訪問し、その滞在を通して相手国の文化に親しみ、カナダ及び日本について理解を深めること
ビザ発給数 年間5000人
対象者 18才以上30才以下(申請書受理時点の年齢)の日本に住んでいる日本人
滞在期間 最長1年間
条件 ▲一定期間(最長1年)カナダで休暇を過ごすことを本来の目的としていること
▲以前にこのプログラムに参加していないこと
▲有効なパスポートを持ち、かつ往復切符を所持、または購入できる資金を有すること
▲滞在を希望する期間、医療費を含めて生活に必要な資金を有すること
▲常識があり、健康で性格善良な人
▲カナダで仕事が内定していないこと
など
就学 6ヶ月以内に完了するコースであれば、就学許可証なしでOK
就労 発行された就労許可証の有効期間中は就労可能
仕事状況 他の国と同様に、レストランのフロアスタッフ、ツアーガイドが一般的だが、冬季はウィスラーなどスキー場での仕事が増える。夏頃から募集が始まるが人気が高いのですぐに定員になる所もある。バンクーバーには日系企業での事務職が比較的多い。フランス語圏であるケベック州で働くとなるとフランス語が必要になる場合が多い
カナダのワーキングホリデイビザについての注意点

カナダのワーキングホリデービザの発給数は毎年上限が設定されていて、割り当てが満たされた後に到着した申請書は、全て返送されます。近年は毎回締め切りになります。
●カナダのワーホリビザ申請の主な注意点
★申請時期に注意!
カナダの場合、一番注意が必要なのは、申請時期。出発確定日の遅くとも2ヶ月前に申請書が到着するように送付すること。出発前に確実に申請手続が完了するように、なるべく早く申請することをお勧めいたします。出発まで2ヶ月を切っている申請書類は返送の対象となります。申請時には、航空券のコピー(または予約確認書)も必要になる。
★残存期間の少ないパスポートは日本で更新
通常、就労許可証は出発確定日から1年有効ですが、パスポートの有効残存期間が1年未満の場合はパスポートの有効期限までとなってしまいます。
★家族同伴は可能?
ワーキングホリデー・プログラムで審査されるのは本人だけ。別にビザを取得していない限り、配偶者や子どもはビジター扱いとなります。ビジターの場合、滞在期間は最大6ヵ月なので、その期間を超えて滞在を希望する家族は延長申請が必要になります。

ページのトップへ
初めての方へ ‖ 留学をお考えの方へ ‖ カウンセリング予約 ‖ お申し込み ‖ 会社情報

お問い合わせ ‖ サイトマップ ‖ リクルート ‖ リンク集 ‖ホームに戻る
Copyright (c) 2004-2011 DEOW all rights reserved